膣カンジダは、カンジダ菌(カビの一種)が性器で異常に増殖することによって生じる性病の一つです。女性では膣炎や外陰炎を発症させます。
より具体的な症状としては、白いヨーグルト状のおりものが増加する、膣・外陰部のかゆみ、外陰部や膣の灼熱感・痛みなどの症状があらわれます。
カンジダ菌は男性にも感染するものです。罹患者は少ないものの男性では亀頭包皮炎を発症させます。
治療期間は最低1週間程度ですが、感染してから症状が出るまでの潜伏期間が何年にも及ぶことがあるため注意が必要です。
カンジダ症は女性の方が圧倒的に発症する確率が高いことが特徴です。

カンジダ菌そのものは、もともと口腔内、性器周辺、その他の体表に存在している常在菌です。
そのため、誰の身体の中にも存在しています。通常、このカンジダ菌は免疫力によって抑え込まれているため増殖しません。
しかし、カンジダ菌は生理によるホルモンバランスの変化や体調の悪化などによって免疫力が低下すると増殖することによって炎症を引き起こします。
誰もが身体の中に持っている常在菌が発症の原因となることから、他の性病とは異なりストレスや体調の変化による免疫力の低下によって自然発症することもあります。
抗生物質の使用などによって常在菌のバランスが崩れてしまったり、妊娠・生理・出産などによってホルモンバランスに変化が生じてしまったり、ストレス・糖尿病・疲労などによって免疫力が低下すると、カンジダ菌は異常増殖してしまいカンジダ症を発症します。

カンジダ症は適切な治療を行えば短期間で治癒するタイプの性病です。
しかし、カンジダ症の発症原因となるような生活習慣で生活している方は再発を繰り返しやすい傾向にありにあり、そのような場合には慢性化する場合もあるので注意が必要です。
ちょっとした体調の変化によってカンジダ症は発症しやすいため、一度治癒しても再発しやすい病気です。
カンジダ菌は真菌(カビ)の一種であるため、高温多湿の環境で異常増殖する傾向があります。

エンペシドで治療するのが一般的

性病のカンジダ症はエンペシド膣錠という薬剤での治療が一般的です。
エンペシド膣錠は膣に挿入するタイプの薬剤であるため、男性が使用することはできません。
カンジダ症の症状であるかゆみやおりものを無くすことができます。

エンペシド膣錠は真菌(カビ)の一種であるカンジタ菌の構造や機能に障害を与えることによって、抗真菌(カビ)作用を示す薬であり、主成分であるクロトリマゾールは安全性も高いことが特徴です。
エンペシドは無着色・無臭の錠剤であり、油脂性成分が用いられていないことから夏場でも溶けにくく、体温によって速やかに溶け出し、膣内に効果が広がります。
また、発泡錠タイプの薬剤であるため、速やかに崩壊し患部に効果を発揮します。

成人の場合、1日1回(できれば就寝前)に一錠を膣深くに挿入します。これを6日間毎日続けることが一般的です。
ただし、エンペシド膣錠を3日間使用しても症状の改善がみられないような場合、6日間使用することによっても症状が改善しないような場合には、医師の診断を仰ぐようにすることが大切です。
エンペシド膣錠は、生理中は使用することができません。

使用中に生理が始まってしまった場合には、ただちに使用を中止する必要があります。
生理中の服用は、衛生上好ましくない上に、薬剤が血液とともに洗い流されてしまい、エンペシド膣錠の効果が十分に得られない場合があるため注意が必要です。

また、エンペシド膣錠は腟の中で溶けて液状になることから、体を起こした状態(腟口が下に向いた状態)であると薬剤が腟外にもれてしまう場合があります。
そのため、エンペシド膣錠の効果を十分に得るためには、就寝前に服用することが効果的です。
体を横にした状態とすることによって腟からのもれを防ぐことができます。